About Me

はじめまして、サマンぺです。東京で写真をやっています。
嫌いな写真は薄い中身をエモ散らかして誤魔化したウソ写真、好きな写真は湿度のある「幸せ」な写真です。

なぜ、私は写真を撮り続けているのか

私が生まれ育ったのは閉鎖的な田舎の空間で、世間体を気にして何かを隠したり、見栄を張ったり、「恥」を必要以上に気にしたり、そういう大人たちが周りに多かったのでは、と思います。

そういう息苦しい場所で(ぬくぬく)育った自分が、親の部屋のベッドの下から出てきた裸の女性の写真が載った本に衝撃を受けたのでした。そう、それは通学路でたまに落ちていた、あの手の本でした。

「隠す」ことが当然の世界だと思っていたのに、すべてを露わにした大人の人が、恥ずかしがる素振りも見せずに、わざとポローン、としながら微笑んでいるのです、楽しそうに。思春期バリバリ(当時小1)の自分にはまさに衝撃でした。

よし、自分もいつかこういう写真を撮ったるぞーい、と意気込んだのが小1、なぜこういう本の(主に男の)需要があるのか、というすべての子供に隠されていた不都合な真実(性行為)の存在に気づいたのが小3くらい、という歪んだスタートです。あの頃、自分は本当に何の意味もわからず・知らず、本能で「撮りたい」と思ったのです。

カメラを買って良い、という親からの承認が中々降りずに悶々と数年を過ごし、高校生になってデジタルカメラが現実的に手に届く金額、画質になった時が写真人生の始まりでした。

それから10年以上、なぜ飽きずに続けているのか。

本当に撮りたかった”何か”が、まだ撮れていないから、です。

発掘した本の女性は、「仕事」で裸体を晒す、いわばプロの裸の写真でしたが、あのとき、ピュアだった私は、そこにただの仕事以上の何らかの真実がある、と信じたのです。完全に信じ込んだのです。

他人に晒すことが憚られるような恥部をあえて晒す、という行為。

ただ普通に裸の人を撮っても、その”何か”は撮れないとわかった時は、本当にショックでした。写真人生の第2のスタートでした。

年を重ねるごと、裸 = すべてを曝け出す、ということではない、ということを身を以て実感します。

「曝け出す」とは何を露わにすることなのか。人は隠したいものを本能的に隠して生きている。その恥部や秘部は服の下にあるとは限らない。でも、写真はそれが何であれ見える形にして露わにする力がある、写真というのはすごいし、隠された中にその人の「生」や「美しさ」の本質がある。そう私は信じています。

何事にも遠慮することなく、バンバン晒すことにこだわったアラーキーの写真が、自分の思いはただの妄想ではなかったのだ、と自信をつけてくれました。(アラーキーはやり過ぎてしまいましたが)

「すごい」を撮りたい自分と「晒したい」モデルのケミストリーを起こしたい。ダサくてかっこ悪い、リアルな愛を「写真」にしたいのです。だから今も、私は写真を撮り続けています。

本当に「良い」と思えるものを一緒につくっていきませんか?

 

モデル募集

モデルを常時募集しています。ご興味のある方は以下をご確認の上で、ご連絡ください。